教職員向けの「コース体験」研修 第7弾を行いました

学校行事もほとんど終え、ホッとしている間に12月に入り、学校の中もあわただしくなってまいりました。外の空気も冷たくなり、冬の到来を日増しに感じてきているところです。

11月30日(水)からは定期考査4が始まり、今まで学習してきて気付かなかったところを振り返る良いきっかけになっているんではないでしょうか。また、考査前の勉強会にはたくさんの生徒が参加してくれました。わからないところをそのままにしないでおく、そんな姿が見られました。


 さて、今日は産業技術基礎のコース体験(教職員向け)第7弾として、
フードシステム科の
   「手作りクリスマス
を体験しました。

cake.jpg



 いつもは甘くて良い香りを実習棟の外で嗅いだり、商品を手にする機会があるのですが、今回は自分自身でクリスマス用のケーキ作りを体験! お店では売っていない世界に一つだけのクリスマスケーキです。

生地を焼き、チョコレートを湯煎し、普段なかなか洋菓子を作らない方も見える中で、楽しく各工程を進めることが出来ました。また、少し加減がわからなくてチョコクリームが固くなってしまったり、完成時にふりかけるココアパウダーがサンタさんに大量にかかったりするなどしましたが、満足のいくおいしそうなものが出来ました。


あとは各家庭で良い思い出を作ってくださいね!





過去の体験は、
 第1弾: フードシステム科の「いちごジャムづくり
 第2弾: 経営科の「オリジナルフォトムービーづくり
 第3弾: ヒューマンサービス科の「ふくしって何?
 第4弾: 生物資源科の「クリスマス用プランターをつくろう!
 第5弾: 工芸デザイン科の「木工体験
 第6弾: 生物資源科の「うどん職人になろう

でした。よかったらご覧ください。